• 作品賞
  • 監督賞
  • 主演男優賞
  • 主演女優賞
  • 助演男優賞
  • 助演女優賞
  • 外国語映画賞
  • 長編アニメ映賞
  • ノミネート作品一覧

外国語映画賞

外国語映画賞 『愛、アムール』オーストリア

華やかなドレスをまとったジェニファー・ガーナーとジェシカ・チャスティンが、オーストリア、ノルウェー、チリ、デンマーク、カナダからの候補作5本を紹介した本部門。栄冠に輝いたのは『愛、アムール』だった。

 登壇したミヒャエル・ハネケ監督はスタッフへの謝辞に続き、「妻にも感謝したい。彼女もこの映画にスタッフとして参加しているのです」と、30年間ずっと一緒に過ごしてきたという公私のパートナーを祝福。「(主演の)エマニュエル・リヴァさんとジャン=ルイ・トランティニャンさんにも感謝します。彼らがいなかったら、わたしはここに立っていなかったでしょう」。終始、貫禄、威厳を保ったスピーチだった。

(協力:WOWOW/編集:シネマトゥデイ)

『愛、アムール』オーストリア

『愛、アムール』オーストリア

(C) 2012 Les Films du Losange - X Filme Creative Pool - Wega Film - France 3 Cinema - Ard Degeto - Bayerisher Rundfunk - Westdeutscher Rundfunk

ストーリー・見どころ

第65回カンヌ国際映画祭で、最高賞にあたるパルムドールに輝いたヒューマン・ドラマ。長年にわたって連れ添ってきた老夫婦が、妻の病を発端に次々と押し寄せる試練に向き合い、その果てにある決断をする姿を映し出す。『ファニーゲーム』『白いリボン』の鬼才ミヒャエル・ハネケが、沈痛かつ重厚なタッチで追い詰められた老夫婦が見いだす究極の愛を浮き上がらせていく。『Z』『消される男』のジャン=ルイ・トランティニャン、『トリコロール/青の愛』のエマニュエル・リヴァと、フランスが誇るベテラン俳優が老夫婦を演じているのにも注目。

スタッフ・キャスト

監督: ミヒャエル・ハネケ
キャスト: ジャン=ルイ・トランティニャン 、エマニュエル・リヴァ、イザベル・ユペール
  • 作品詳細を見る
  • 予告編をGyaoで見る

『コン・ティキ(英題)』ノルウェー

『コン・ティキ(英題)』ノルウェー

(C) 2012 NORDISK FILM PRODUCTION AS

ストーリー・見どころ

「南太平洋のポリネシア諸島に暮らす人々の起源は、南米から渡来したアメリカ・インディアンだったのではないか?」という仮説を実証するために、「20世紀のコロンブス」といわれる人類学者で海洋生物学者のトール・ヘイエルダールは、いかだ船コンティキ号に乗り込み、ペルーのカヤオからポリネシアのツアモツ諸島へ、約8,000キロの航海に挑んだ。51年にアカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞を受賞した実話を映画化した海洋アドベンチャー大作で、ノルウェー映画史上最大の製作費が投じられた。監督は『ナチスが最も恐れた男』(08)のエスペン・サンドベリ&ヨアヒム・ローニング。約2年にわたってマルタ共和国やタイで大掛かりなロケを敢行したという、臨場感あふれる海上シーンが見ものだ。

スタッフ・キャスト

監督: エスペン・サンドベリ、ヨアヒム・ローニング
キャスト: ポール・スヴェーレ・ヴァルハイム・ハーゲン、グスタフ・スカルスガルド

『ノー(英題)』チリ

『ノー(英題)』チリ

Courtesy of Sony Pictures Classics

ストーリー・見どころ

88年に南米チリで行なわれた独裁政権存続に関わる国民投票。独裁的な大統領アウグスト・ピノチェトの失脚を求め、広告のスペシャリストたちが立ち上がりテレビを使った選挙キャンペーンを繰り広げた。インターネットが普及していなかった80年代、大恐慌や政治不信を引き起こした独裁政治に「No」を突き付けるためアイデアを振り絞った広告マンを、『モーターサイクル・ダイアリーズ』のガエル・ガルシア・ベルナルが熱演。監督は、ピノチェト独裁政権を3作にわたって描き続けてきたパブロ・ラライン。民衆が一致団結し勝利を勝ち取っていく政治ドラマを見事にエンターテインメントとして昇華させた。カンヌ国際映画祭に出品されたほか、昨年の東京国際映画祭でも上映された。

スタッフ・キャスト

監督: パブロ・ラライン
キャスト: ガエル・ガルシア・ベルナル

『ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮』デンマーク

『ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮』デンマーク

(C) 2012 Zentropa Entertainments28 ApS, Zentropa International Sweden and Sirena Film Prague

ストーリー・見どころ

18世紀のデンマーク王室で起きたスキャンダラスな史実を基に、国王と王妃、そして侍医の三角関係を描いた壮大なラブ・ストーリー。国王を意のままに操り、王妃と禁断の恋に落ちたドイツ人医師を、『007/カジノ・ロワイヤル』などのマッツ・ミケルセンが熱演。『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』の共同脚本を手掛けたニコライ・アーセルがメガホンを取り、デンマークの鬼才ラース・フォン・トリアーが製作総指揮として名を連ねる。華麗な世界の裏でうごめくドラマチックな駆け引きから目が離せない。

スタッフ・キャスト

監督: ニコライ・アーセル
キャスト: マッツ・ミケルセン、アリシア・ヴィキャンデル、ミケル・ボー・フォルスガール
  • 作品詳細を見る
  • 予告編をGyaoで見る

『魔女と呼ばれた少女』カナダ

『魔女と呼ばれた少女』カナダ

(C) 2012 Productions KOMONA inc.

ストーリー・見どころ

アフリカの少年兵問題をテーマにしたドラマ。紛争が泥沼化する一方のコンゴ民主共和国を舞台に、拉致されて反政府軍の兵士となった上に亡霊が見える力に目覚めた少女がたどる波乱の運命と恋の行方を見つめていく。メガホンを取るのは、カナダのキム・グエン。ヒロインのコモナには、監督が自ら選んだ新星ラシェル・ムワンザ。機関銃を構える兵士と恋に胸を弾ませる少女、二つの顔を見事に演じ切り、ベルリン国際映画祭とトライベッカ映画祭で主演女優賞を受賞している。幻惑的な映像も見どころだ。

スタッフ・キャスト

監督: キム・グエン
キャスト: ラシェル・ムワンザ、アラン・バスティアン、セルジュ・カニアンダ
  • 作品詳細を見る
  • 予告編をGyaoで見る

このページのトップへ

スマホでもYahoo!映画でアカデミー賞をチェック!

facebookでも最新情報をチェックしよう!

ドリパス

映画ファン必見の映画情報が充実! Yahoo!映画

GyaO!ストア