• 大島優子さん
  • クエンティン・タランティーノさん

あの人が語る 注目のアカデミー賞

AKB48大島優子さんが語る、女優としての夢「アカデミー賞」

女性アイドルグループAKB48の中心的メンバーのひとりであり、女優としても活躍の大島優子さん。 現在全国にて公開中、AKB48を追ったドキュメンタリー映画『DOCUMENTARY OF AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN 少女たちは涙の後に何を見る?』に出演。 昨年2012年、前田敦子さんが卒業し、新たな時代「第二章」を迎えたAKB48。 結成当初の夢だった東京ドーム公演や恒例の握手会の各ステージの裏舞台、また各メンバーの確執や恋愛についてなど、アイドルグループAKB48とは何かを、女優としても活躍中の本人が、夢「アカデミー賞」について共に語った。

大島 優子さん

大島 優子さん Profile

1988年10月17日生まれ、栃木県出身。女性アイドルグループAKB48チームKのメンバーである。同チームではキャプテンを務める。 女優としても活躍中で、『闇金ウシジマくん』(2012)などに出演、『メリダとおそろしの森』(2012)では声優を務めるなど、多彩な作品に出演。

Yahoo!検索(人物):大島 優子

この1年は、本当に本当によく涙を流しました

大島 優子さん

2月1日より『DOCUMENTARY OF AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN 少女たちは涙の後に何を見る?』が全国公開されました。 完成したこの映画を観て改めて気付くこと、驚くことがたくさんありました。 今回はともちん(板野友美)の卒業。このことはメンバーの誰も知らされていなくて、映画の公開初日の舞台挨拶イベントで、舞台上の本人コメントをニュースで見て知ったくらいですから、特に驚きました。 この映画には、自分たちの道しるべが記されています。私たちはAKB48として走ってきているので、やっぱり自分たちを俯瞰して見ることってなかなか出来ないんです。だからこそ、映画という記録で残すことでそこに道しるべが記されるんだと思いますね。 前作の映画でも、他のメンバーの気持ちに気付くことが出来たり、あとに続く若手メンバーの想いを知るきっかけになったり…。泣いて、悩んで、感じて…そうやって私たちは自分たちを見つめ直すことで、またメンバーみんなで進むべき道を歩んでいっていると思いますし、 この映画を通してこれからの新しいAKB48をみなさんと一緒に見つけていきたいなと思っています。 そして、自分のことに置き換えてこの映画を観てみていただけたら、と思っているんです。 この映画を観ることで、みなさんが少しでも勇気づけられ、夢に向かって一歩を踏み出す手助けになってくれたら、すごく嬉しく思います!

「AKB48のセンター」とはどんな存在なのか

本作はAKBのセンターの存在についても描かれていますが、私にとってセンターとは、センターという場所が存在するというよりも、例えば前田敦子には前田敦子しか出来なかったかったことがあったように、大島優子自身しか出来ないポジションがあり、そこに当たるスポットライトが、時としてセンターと呼ばれるというような、そんな感覚です。だから、存在するというよりは、どんな場所であれ、自分の役割を全うし、その人が輝きを放ったときにセンターというものになるという感じです。

次は、悪役にも挑戦してみたい!

今まで演じてきた役柄は、どちらかというと大人しい役とか、幸薄そうな役が多かったので、演技の幅を広げるという意味でも悪役にも挑戦してみたいな、と。 誰かを困らせたりする役を演じてみたいです(笑)

ずばり!アカデミー賞ノミネート作品で気になる作品は?

時間が空いたオフの日には映画を観に行ったりするのですが、今1番観たいのは「レ・ミゼラブル」です。これって、世界各国でロングラン上演されてきたミュージカルを映画化した作品ですよね。すごく観たいんです。これこそ、大きなスクリーンで観てみたい作品ですね。ワクワクしますね! あとは、「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」です。ポスターが面白いですよね!ボートにトラと人だけが乗っていて…。実話だったら、絶対食べられちゃいそうですよね(笑)。 どう猛なイメージのトラとどんな生活が待ち受けているのか、気になりますよね。 最後にもう1つ。レオナルド・ディカプリオ主演の「ジャンゴ 繋がれざる者」も気になっているんです。 だって、私が今後演じてみたいと思っている「悪役」に、ディカプリオが本作で挑んでいるから。女優の幅を広げるためにも是非観賞したい作品ですね。

映画界の世界最高峰「アカデミー賞」を受賞したい

女優としての夢です。いつかは、「アカデミー賞」を受賞できるように頑張っていきたいです。 日本には良い映画作品が多いので、その良さを世界の方々に知ってもらいたいですし、役者として演技をすることで、それに貢献できればとも思っています。 レッドカーペットを歩く日を夢見て、引き続き女優業も邁進していきたいです。

大島 優子さん

DOCUMENTARY OF AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN 少女たちは涙の後に何を見る?

(C) 2013「DOCUMENTARY of AKB48」製作委員会

大島 優子さんの最新出演作品

DOCUMENTARY OF AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN 少女たちは涙の後に何を見る?(2013年2月1日公開)

新たな時代「第二章」を迎えた2012年のAKB48を追ったドキュメンタリー映画。前田敦子の脱退決定後の選抜メンバーを決める総選挙や東京ドームでは初めてとなるコンサート、前田の卒業公演など1年間の出来事をたどりながら、その裏で繰り広げられた新エースをめぐるライバル争いや恋愛禁止条例などを映し出し、今を活きるアイドルグループのメンバー一人一人の素顔に迫っていく。

  • 作品詳細を見る

このページのトップへ

スマホでもYahoo!映画でアカデミー賞をチェック!

facebookでも最新情報をチェックしよう!

ドリパス

映画ファン必見の映画情報が充実! Yahoo!映画

GyaO!ストア